2013年03月11日

3・11 あれから2年

風は強いながらもよいお天気の月曜日となりました。
今日で東日本大震災から2年が経ちましたね。

今年1月、幸運にもウィーン楽友協会で演奏する機会を持たせていただきましたが、
このツアーを10年以上続けてプロデュースされている旅行社の I さんが、今回の2013年のコンサート企画のお話を持ってこられたのが2011年の夏。
「今回は行ける合唱団がきちんと集まるかどうか心配なんです。東北は無理、関東も余震が1日に何度も揺すっていて、ご家庭のあるお母様方は家を長期に渡ってあけられないだろうから関東も無理、経済状態も厳しいからね・・・西の方々が行ってくださるかどうか・・・」

2005年にこのコンサートの素晴らしさを体験させてもらった私としては、この企画がなくなってしまうのは実にもったいないと思いました。
幸いにもリリアスはじめ、多くのメンバーに恵まれ、お話をいただいて1年半経った今年、エーヴィゲ・ハルモニーとしてすばらしい経験をさせていただくことができました。

今回お声が掛かったきっかけとなった2年前、震災と同じ年の夏のおかあさんコーラス中部大会では、リリアスはアカペラの宗教曲、コールゆうゆうは小六禮次郎「ゴスペルシャワー」を演奏しました。大会にエントリーする4月の段階で、ステージでパフォーマンスのようなおめでたいことをとてもできる心境ではありませんでした。各地のお祭りも自粛ムードの時期がありましたよね。

そんな時期を経て実現できたウィーン演奏旅行です。
震災からの復興とともにあった時期にがんばらせていただいたわけですね。
がんばっただけの幸せが・・・・・どうかどうか東北の方々の下にも必ず訪れますように。

【関連する記事】
posted by EWG at 10:19| 愛知 ☀| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年01月11日

エーヴィゲ・ハルモニー


(138)-1.jpg

エーヴィゲ・ハルモニー主催
アフタヌーンコンサート 〜女声合唱の集い 2012〜
2012年11月30日(金)電気文化会館 ザ・コンサートホールにて開催




posted by EWG at 00:11| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。